ボーディングスクールに通わせるメリット

日本ではあまり馴染みがありませんが、欧米では子供をボーディングスクールに通わせて立派な社会人として成長することを願っています。

ボーディングスクールとは全寮制の学校のことで、小学校から高校まで様々な種類の学校がこの制度を採用しています。大学進学を目指す生徒が多いのはプレップスクールで、芸術に力を入れた学校や国際バカロレア教育を行う学校もあります。



ボーディングスクールに子供を通わせるメリットは、将来リーダーになる資質が養われることです。



これらの学校では1クラスがおよそ12名と少人数なので、教師が生徒それぞれの習熟度を把握しやすいです。
生徒の質問に対しても個別に答える機会が多くなるので、学習面や生活面での悩みも解消します。
学校生活でのアドバイスは教師だけでなくアドバイザーからももらえます。

基本も充実したAll Aboutの情報が必要な方必見です。

ボーディングスクールでは日常生活を通して、学習だけでなくスポーツや奉仕活動などにも積極的に生徒を参加させているため、あらゆる分野で活躍します。自分の興味のある分野や才能が開花しそうな分野を発見することで、自信が持てるようになり堂々とした大人に成長します。
学校の敷地内に設備が整えられているので、好きな時に自己鍛錬が可能です。
ボーディングスクールで優秀な生徒とされるのは学習や音楽、奉仕活動、スポーツなど様々な分野で努力しリーダーシップをとり、一定の成績を収められる生徒なので、自主的に動く力が自然と身に付きます。