ボーディングスクールに入るには

毎年、多くの日本人が留学しています。最近では、グローバル化が進んだこともあり、10代前半でボーディングスクールへ子供を留学させる家庭も増えています。10代前半で留学すると、ネイティブ並みと言われる英語力を身につけることが可能です。ボーディングスクールは、世界中の留学生を受け入れているので、様々な国籍の学生と知り合う機会ができます。

ボーディングスクールは、寮がある寄宿学校のことです。



欧米諸国では、上流階級の子供の多くが、ボーディングスクールで学んでいます。

広いキャンパスには、教育に必要な施設が揃っています。
セキュリティーも万全で、24時間のサポートを受けることができます。

授業は少人数制なので、教師との距離が近く、じっくりと勉強に取り組むことができます。
多くの学校が、勉強だけでなくスポーツや芸術にも力を入れています。



卒業後は、ほとんどの人が有名大学へ進学します。


日本人留学生の場合、卒業後は帰国せず、海外の大学へ進学する人が多いです。ボーディングスクールへの入学を希望する場合は、英語の勉強は早くから始めた方がいいです。
留学する1年前には出願校を選び、夏休みを利用してサマースクールに参加する人も少なくありません。サマースクールに参加することで、学校の雰囲気を確認することができます。
留学費用は、かなり高額になるケースが多いです。学校によっては、年間1000万近くの費用が必要となる学校もあります。